[お知らせ] S構造体指定降臨開発室SP

UPDATE: 2021-09-13 パニグレ公式

*提供割合は、小数点第3位以下がある場合でも、小数点第2位までを表示いたします。そのため、表示している数字をすべて足しても、100%とならない場合がございます。    

*「開発」は1回ごとに、その提供割合にもとづいて抽選を行います。そのため、開発を特定回数繰り返しても、必ず特定の構造体や意識、アイテム等が出現するという仕組みではありません。また、開発からは同じ構造体や意識、アイテムが排出する場合がございます。

*既に入手した構造体が排出した場合、構造体は自動的に逆元欠片に変換されます。構造体クラスに応じて変換される逆元欠片の数量は下記の通りです。Bクラス:6個、Aクラス:18個、Sクラス:30個。 

*すでにSSS+まで強化した構造体と同種類の構造体が排出した場合、倉庫画面の欠片画面でその構造体の逆元欠片を万能欠片に変更できます。万能欠片は、ストアでアイテムと交換できます。

*10回Aクラス構造体確定について:開発10回でAクラス構造体1体が確定します。ただし、Aクラス構造体が排出された時点で、Aクラス構造体確定までの回数がリセットされます。同一ガチャではAクラス構造体とSクラス構造体の確定回数はそれぞれ独立してカウントします。SクラスとAクラス構造体の確定回数が被った場合は、優先的にSクラス構造体が確定し、Aクラスの確定は次の1回目の開発に繰り越されます

*60回Sクラス構造体確定について:開発60回でSクラス構造体1体が確定します。ただし、Sクラス構造体が排出された時点で、Sクラス構造体確定までの回数がリセットされます。同一ガチャではAクラス構造体とSクラス構造体の確定回数はそれぞれ独立してカウントします。

*同じ名称の開発室のみ確定までの開発済み回数が引き継がれます。例えばリーフ・来光のピックアップ「限定降臨」の終了までに20回開発し、次にカレニーナ・灼熱のピックアップ「限定降臨」が開催された場合、開発回数は21回目からカウントされます。「限定降臨」と「降臨限定SP」は名称が異なる開発室のため、開発済み回数が引き継がれ無いのでご注意ください。

*確定モードについて、ピックアップ指定した構造体がSクラス排出時に排出しなかった場合は「確定モード」になり、次のSクラス排出時は必ずピックアップ指定した構造体が排出します。「確定モード」に入ってからピックアップ構造体を変更した場合は、変更後のピックアップアップ構造体が排出します。例)ナナミ·波動をピックアップ指定した状態でSクラス排出時にリー·乱数が排出した場合、「確定モード」に入り、そのままピックアップ構造体を変更しなければ次のSクラス排出時にナナミ·波動が必ず排出します。「確定モード」に入った後でピックアップ構造体をリー·乱数に変更した場合は、次のSクラス排出時にリー·乱数が必ず排出します

*提供割合についてご不明の点がございましたら、カスタマーサポート(https://grayraven.jp/article/feedback.html)までご連絡ください。

CHA-SPECIAL-MYJL.png